クラウドサーバを導入するメリットは災害時に全てのデータを失するリスクを減らせると共に、独自にサーバーを用意する必要が無いためメンテナンス代が必要でなくなることでコストカットが出来ることです。
しかし良い面ばかりではなく悪い面もあり、それはクラウドはオンライン機能なのでインターネットが使えない場所では機能しないという側面もあります。
そのため導入するときには、必ず設備を最新式にしてどんな環境下でもオンラインができる機器を採用するのが望ましいです。

クラウドサーバのメリット・デメリット

クラウドサーバのメリット・デメリット ネット環境を使った情報のやり取りが盛んになることで、企業間で取り入れることが増えたのがクラウドサーバです。
クラウドサーバは専門の企業と契約し、その企業が持つサーバーに自社の情報を送信する技術のことです。
クラウドサーバを利用すると、専用の企業のサーバーは国内外に複数配置しているので仮に一つが災害で壊れても別のサーバーが代わりを果たすので情報の消失を無くすことができます。
そしてオンラインで情報のやり取りが出来るので、室内だけでなく営業で室外に出ていても共有することが可能になるがメリットです。
しかしデメリットとしては、この技術はあくまでネット環境が使えることが条件なので電波が届きにくい地下空間や使用が制限される病院や空港および飛行機内では使用が難しいということになります。

クラウドサーバーの導入におけるデメリット

クラウドサーバーの導入におけるデメリット クラウドサーバーの導入にはコストが安い、情報の共有が容易にできる、拡張性が高いといったメリットがありますが、デメリットの方も存在します。
クラウドサーバーのデメリットはオンプレミスよりカスタマイズ性に劣っていることと、サーバーにアクセスするためにはオンライン環境が必要なこと、継続して使用すると割高価格になりやすいことです。
サーバーやソフトウェアなどの情報を全て自社で管理するオンプレミスとは違い、クラウドサーバーは事業者が提供するサービスで構築されていますのでカスタマイズ性に制限がかかってしまいます。
いつでもどこでも利用できるのがクラウドサーバーの利点ですが、それはオンライン環境が整っていることを前提としているので、インターネット回線にトラブルが起こった場合などは利用できません。
また、利用者の個人的なトラブルに他の利用者も巻き込まれてしまい、サーバー攻撃を一人が受けたら全体に影響が及ぶ可能性が非常に高いです。
そのためセキュリティ対策を一人一人が厳重に行う必要があります。
クラウドサーバーは他のレンタルサーバーや専用サーバーと比べて価格が割高に設定されている場合が多いです。
継続して利用すると、その分料金が高くなる可能性があります。

クラウドサーバに関するお役立ちリンク

クラウドサーバ

新着情報

◎2019/5/20

クラウド運用の経費
の情報を更新しました。

◎2019/2/21

クラウド導入のポイント
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

クラウドサーバの歴史
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「クラウド 導入」
に関連するツイート
Twitter

導入事例ぞくぞく公開しています!】 株式会社日本クラウドキャピタル様 全6サービスを導入いただきました! シンプルな操作性でパソコンに慣れていない従業員でも使いやすい とのコメントをいただきました。 all.jobcan.ne.jp/info/news/1122/

Twitter【公式】ジョブカン@jobcan_pr

返信 リツイート 15:13

ホームセキュリティも手軽に個人で導入できる時代に! 不審な動きを録画しクラウドでチェックできる「Arlo Pro 2」 news.livedoor.com/article/detail… こちら公開しました。

京大、業務系システムをクラウドに全面移行 AWS、G Suiteなど導入の舞台裏 itmedia.co.jp/news/articles/…

Twitter初見@アクチュアリー@syoken_ac

返信 リツイート 14:47

#FileMaker カスタムApp 構築 ご相談会】 6月19日13:00~17:00に六本木ヒルズ森タワー 49Fにて個別商談会を開催致します。クラウドやモバイルアプリケーションを導入して業務を改善してみませんか? 「FileMaker Road Show 2019」は満席となっておりますが、相談会はご自由にご参加いただけます!

Twitter株式会社イエスウィキャン@yeswecan_jp

返信 リツイート 14:37

RT @DellEMCJapan: PowerProtectソフトウェアおよびPowerProtect X400アプライアンスを導入することにより、企業はオンプレミス、仮想化環境、マルチクラウドにおける大規模なデータの保護、管理、復旧、再利用を実現できます。詳しくはこちらのUR…

返信先:@btukmmm 導入部分が終わったんでイチャイチャ部分を書き始めたんですけどそこがまるっとありませんね…同期モレならいいんですけどとりあえず帰宅してiPad確認します…あっぷるより使用してたクラウドメモアプリ(よりローカルに保存しない自分)

ていうかうちの会社にも産業医が来る事になっていたとは知らなかった!いつからだよ!(笑)そんな会ったこともない人の意見を書かれるのは嫌なので課長書いてって言っておいた あと職場にiPad導入されててビビった…そういうクラウドを通してのお仕事があれば復職もできそうなんだけどなぁ…ないかな?

Twitterしのぶ@ゆっくり加速@shino_davallia

返信 リツイート 11:06

ていうかうちの会社にも産業医が来る事になっていたとは知らなかった!いつからだよ!(笑)そんな会ったこともない人の意見を書かれるのは嫌なので課長書いてって言っておいた あと職場にiPad導入されててビビった…そういうクラウドを通してのお仕事があれば復職もできそうなんだけどなぁ…ないかな?

Twitterしのぶ@☂おぃかげ@UtuRyo

返信 リツイート 11:06

バックボーンに400GbEを初導入――、近未来のネットワークを見せる「ShowNet」レポート - クラウド Watch cloud.watch.impress.co.jp/docs/event/119… via @cloud__watch

導入型vsクラウド型について。 クラウド型が主流になってきた感はあるけど、業務システムは導入型に分があると感じる。 理由は「自分でコントロールできる点が多い」こと。 導入型はシステムを人に合わせられるけど、クラウド型は人がシステムに合わさなければならない部分がまだまだ多い。