クラウドサーバを導入するメリットは災害時に全てのデータを失するリスクを減らせると共に、独自にサーバーを用意する必要が無いためメンテナンス代が必要でなくなることでコストカットが出来ることです。
しかし良い面ばかりではなく悪い面もあり、それはクラウドはオンライン機能なのでインターネットが使えない場所では機能しないという側面もあります。
そのため導入するときには、必ず設備を最新式にしてどんな環境下でもオンラインができる機器を採用するのが望ましいです。

クラウドサーバのメリット・デメリット

クラウドサーバのメリット・デメリット ネット環境を使った情報のやり取りが盛んになることで、企業間で取り入れることが増えたのがクラウドサーバです。
クラウドサーバは専門の企業と契約し、その企業が持つサーバーに自社の情報を送信する技術のことです。
クラウドサーバを利用すると、専用の企業のサーバーは国内外に複数配置しているので仮に一つが災害で壊れても別のサーバーが代わりを果たすので情報の消失を無くすことができます。
そしてオンラインで情報のやり取りが出来るので、室内だけでなく営業で室外に出ていても共有することが可能になるがメリットです。
しかしデメリットとしては、この技術はあくまでネット環境が使えることが条件なので電波が届きにくい地下空間や使用が制限される病院や空港および飛行機内では使用が難しいということになります。

クラウドサーバーの導入におけるデメリット

クラウドサーバーの導入におけるデメリット クラウドサーバーの導入にはコストが安い、情報の共有が容易にできる、拡張性が高いといったメリットがありますが、デメリットの方も存在します。
クラウドサーバーのデメリットはオンプレミスよりカスタマイズ性に劣っていることと、サーバーにアクセスするためにはオンライン環境が必要なこと、継続して使用すると割高価格になりやすいことです。
サーバーやソフトウェアなどの情報を全て自社で管理するオンプレミスとは違い、クラウドサーバーは事業者が提供するサービスで構築されていますのでカスタマイズ性に制限がかかってしまいます。
いつでもどこでも利用できるのがクラウドサーバーの利点ですが、それはオンライン環境が整っていることを前提としているので、インターネット回線にトラブルが起こった場合などは利用できません。
また、利用者の個人的なトラブルに他の利用者も巻き込まれてしまい、サーバー攻撃を一人が受けたら全体に影響が及ぶ可能性が非常に高いです。
そのためセキュリティ対策を一人一人が厳重に行う必要があります。
クラウドサーバーは他のレンタルサーバーや専用サーバーと比べて価格が割高に設定されている場合が多いです。
継続して利用すると、その分料金が高くなる可能性があります。

クラウドサーバに関するお役立ちリンク

クラウドサーバ

新着情報

◎2018/10/31

サイト公開しました

「クラウド 導入」
に関連するツイート
Twitter

株式会社サンネット、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」とメールセキュリティサービス「MAILGATESΣ」を導入 株式会社サンネット、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」とメールセキュリティサービス「MAILGATESΣ」を導入 prtimes.jp/main/html/rd/p/...

...していただけますか? readyfor.jp/projects/npotnr...">readyfor.jp/projects/npotnr... 保護ねこの為に新しい設備を導入し、不幸な子を減らしたい! - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー) readyfor.jp/projects/npotnr...">readyfor.jp/projects/npotnr...

アメリカのシカゴが「クラウド税」を導入、PS NowやPS Plusも課税対象 barukanlog.blog31.fc2.com/blog-entry-1321...

RT @uplink_jp: [骰子の眼]【クラウドファンディング実施中!】音だけで鳥肌が立つ映画館体験を―アップリンク吉祥寺が導入する世界一の平面スピーカー 田口音響研究所の田口和典さんが語る「気配」まで伝わるスピーカー作りへの思い https://t.co/eUBLdBc…

G Suite導入とData Studioでのビジュアライゼーションに興味ある│クラウド100企業(世界の有望な未公開クラウド企業100社)が使ってるツール TOP25 americabu.com/cloud-top100-t…

Twitter佐藤 徹(Toru Sato)16g@toru0218

返信 リツイート 11:05

...型に絞って探していました。 オンプレ型はシェアナンバーワンのPHCからはじまり富士通のHOPE、ダイナミクスと続きます、以前はラボテックのシェアが高かったようですが、現在は新規導入に関してはクラウド型に押されている状況のようです。他にも検査会社系の電子カルテなどもありますが、実際のところ、私がオンプレ型で実際に見てみたのはラボテックのみです。 オンプレ型とクラウド型の違いをみるために...

1件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/s/www.te… “MIT Tech Review: グーグルクラウドAI部門トップが語る、AI導入の「誤解」と「正解」” htn.to/EzeCxB

【サイト導入数国内No.1のクラウド型WAF「攻撃遮断くん」の取り扱いを開始】 「攻撃遮断くん」は、クラウド型のWAF(Web Application Firewall)でハードウェアやソフトウェアを調達する必要がなく、導入コストや手間を削減することができます。 idcf.jp/topics/2018111… #idcfrontier

TwitterIDCフロンティア@idcfrontier

返信 リツイート 10:46

【トピックス】サイト導入数国内No.1のクラウド型WAF「攻撃遮断くん」の取り扱いを開始 「攻撃遮断くん」は、クラウド型のWAF(Web Application Firewall)でハードウェアやソフトウェアを調達する必要がなく、導入コストや手間を削減することができます。 続きはこちら↓ www.idcf.jp/topics/20181113...">www.idcf.jp/topics/20181113... #idcfrontier #IDCFクラウド #データセンター #WAF トピックス2018...

グーグルクラウドAI部門トップが語る、AI導入の「誤解」と「正解」 technologyreview.jp/s/112106/ai-is…